気ままなたわごと
そのまんまです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけで、弾丸ノープラン作戦が成功し、メッセへと。
ちょうど見たいアクトがなかったので、腹ごしらえをしていると、見に来ていたバンドのメンバーにも無事合流。
途端に天気は雷雨に・・・。
おぉ、天も祝福してくれている。これは歓喜の涙雨に違いない!というか、もうチケが手に入った時点で、ある種の達成感に耽ってしまい、DEFTONESとMETALLICA見れればいいやぐらいになってました。(苦笑)

雨が上がり、メンバーとは別れて、一人ビーチステージへと。
雨で中断していた“NO SURF NO LIFE TIME”を終盤だけ見る。天気が良いままだったらなぁと思いつつも、演奏とオーガニックな雰囲気を満喫。

次はアイランドステージで、マキシマム ザ ホルモンを少しだけ見て、マリンへと。
マリンのスタンドで偶然にも後輩のヒロコと会う。
アリーナに下りる気もなくなったので、スタンドでDEFTONESを見る。
個人的に期待していたのだけど、いかんせん音が悪かった・・・。スタンドで聴いてるからもあるが、何やっているのか全くわからない・・・。
途中、再会したイカ氏には「うるさくて長いだけ。」、ヒロコにいたっては爆音を枕に熟睡という、散々な感想。
まぁ、確かにボーカルのチノの藤子不二雄マンガに出てくるようなハイソックス姿はどぉーかと思ったが、それでもデフトーンズ!音はかっこいいんだよ。チノのボーカルだって、歌いながら叫ぶことは、そこらじゅうのボーカリストにでも出来る、しかし、叫びながら歌うことが出来るのは、そうそういないもんだ。
とはいえ、このバンドはメッセのステージのほうが良かったかもしれない・・・。

デフトーンズも終わり、最後はメタリカ!そう、METALLICAです!
ビールとホットドッグを片手に準備は完了。
そして、19時にさしかかろうとしたその時、オープニングSE「The Ecstasy Of Gold」が鳴り響く!

キタ――――!!!
「Creeping Death」で幕開け!
凄い!今まで見てきたバンドとは何かが違う!まさに別格。これがメタリカかっ!
続いて「Fuel」「Wherever I May Roam」と聴いたところで、トイレに。(←なにやってんのよ。)

ふとリップスも奥田民生も見たいなぁと思い・・・
ここで「Master of Puppets」フル再現を蹴るという大英断を下す。
もういいじゃん、フェスだし。(笑)

というわけで、ビーチステージで奥田民生を見る。
相変わらずのゆる~い雰囲気。さっきのマリンとは大違い。

さて、何からやるかと思いきや、むこうがメタリカなら、こっちはツェッペリンだぜぇ!といわんばかりに1曲目はZepの「Black Dog」のカバー!これを聴けただけでこっちにきた甲斐はあったなぁ。
その後は「イージュー★ライダー」に涙し、「CUSTOM」に心震わせ、ラストの「さすらい」に感動と、短い時間ながらも大満足の内容。
眠らない体を~♪ すべて欲しがる欲望を~♪
大げさに言うのならば~♪ きっとそういうことなんだろう~♪
「イージュー★ライダー」のこの部分が、響くなぁ・・・。

奥田民生を見た後はマリンにUターン。メタリカはまだまだやっている。(笑)
ちょうど「One」の終盤で、あっけにとられていたら次は「Enter Sandman」!
もうスタジアムの観客を完全に掌握しているかのような演奏と迫力に驚愕・・・。
これで終わりかと思いきや、「おれたちゃ、まだまだやれるぜぇ!」と誇示するように新曲を披露。
今度こそ、終わりか?と思いきや、「Seek And Destroy」という爆弾投下!
凄まじい・・・。なんだ、このバンドは・・・。いや、もはやバンドじゃないな、メタリカはモンスターだわ。(苦笑)
終盤の数曲だけでも、王者の威厳とでも言うべき迫力を感じた。演奏時間を含めて、他のバンドが全てオープニングアクトみたいな気持ちになってしまったよ。
とにかくメタリカは別格でした・・・。

最後はマリンの夜空に放たれた花火の残り火に手を振り、今年のサマソニは終了。
みんな、お疲れ様でした!

今年の教訓:チケットは自分で取りましょう・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。