気ままなたわごと
そのまんまです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相棒について
今回は我が相棒のベースくんについて書きます。
専門用語みたいなのが少し出てくると思いますが、ご了承ください。

moon_DJB01.jpg moon_DJB02.jpg
↑コイツが2001年1月に購入して以来、ずっと愛用している相棒の「Moon DJB-Limted」です。
Moonっていうのは楽器メーカーの名前で、DJB-Limitedっていうのが型番。
ジャズベース・タイプで、ボディはアルダー、ネックはメープル+パーフェロー。
購入した時に接客してもらった店員さんが言うには「限定品」とのことで、ボディが通常の物よりも少し小さく軽いらしい。
なので型番がLimitedとなっているのです。とはいっても、年度毎に出す限定みたいなもので、それほどレアってわけじゃないみたい。

購入した時は、その当時使っていたベースより、もうワンランク上のベースが欲しいなぁと探していたら、渋谷の某楽器店でコイツを見つけました。
Moonのベースは、サークルの同期が持っていて何度か使わせてもらったことがあり、良いなぁと思っていたのと、なんとなくフェンダー(一番有名な楽器メーカー)はありきたりで嫌だなっていうヒネクレもんな考えもあって、候補の一つにはしていたんです。
で、試弾してみたら、弾き心地と音の良さ、あとルックスも少々気に入り即決。
それでも、他のものと同じスペックじゃ嫌なので、購入と同時にオプションでブリッジをBADAS BASSⅡに変えてもらいました。(ここでもヒネクレもん。)

と、まぁそれ以来、ずっと活躍してくれています。
丁寧な扱いをしているとは言い難く、もはや購入時の面影は残っておらず、いろんな所で倒されてますが、そんな待遇にもめげずに、いまだに元気に音を出してくれています。(苦笑)
一度だけ、イカ氏にウーロン茶をぶっかけられ、故障したことがあるんですが、その時修理に出したリペアの人に「良い音しますねぇ~。」と言われたのが、とても印象に残っている。(まぁ、お世辞だと思うけどね。)

このベースの気に入ってるところを挙げるなら・・・う~ん、全部。(笑)
とにかく弾き易い。他のベースに比べて、ネックが柔らかく感じる・・・気がする。
これはまぁ、ずっと使っているので慣れかな。
音に関しては、鮮明かつ、しっかりとしているところ。トーンコントロールの効き具合も気にいってるし。
言葉で説明するのは難しいんだけど、とても素直に音を出してくれる。持ち主とは正反対だな・・・。

なんで突然こんなことを書いたかって言うと、先日、交流のあった他のサークルの後輩くん(彼もベーシスト)に偶然会いまして、ちょこっと話をしたんです。
そしたら、自分っていうと、このMoonのベースっていう印象だったそうな。
なんだか嬉しくて、ますます相棒が可愛くなったので・・・。(照)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。