気ままなたわごと
そのまんまです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バタフライ・エフェクト
もう年は明けてしまったけど、年末になるとなぜか観たくなる映画というのがある。
昨年もまたDVDを引っ張り出して観てしまったのだが、その一つがこの『バタフライ・エフェクト』。

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]
(2005/10/21)
アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート 他

商品詳細を見る


主人公のエヴァンは少年時代に記憶を喪失する“ブラックアウト”を起こすことがしばしばあった。
そこで、カウンセラーの勧めで日記をつけるようになるエヴァン。
そんなある日、エヴァンが13歳の時、ひとつの出来事が原因で幼馴染のケイリーとの仲が引き裂かれてしまう。
やがて町を離れ、大学生となったエヴァンは、ふとしたきっかけで当時の日記を目にし、突如過去の世界に舞い戻る。
当時断片的に失ったままだった記憶の恐るべき真相を知ったエヴァンは、今の現状をより良い状態に戻すべく、何度も過去に舞い戻り、記憶の修正を図ろうと試みる。


バタフライ・エフェクトとは「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」というカオス理論の一つ。
つまり、「初期条件の些細な違いが、将来の結果に大きな差を生み出す」というもの。

日記を読むことで過去に戻り、選択肢を変えることにより現在を変える能力に気付いたエヴァンは、幼なじみの将来を救うために良かれと思って過去へと戻るけど、必ず思いもよらぬ不幸が待ち受けている。
何度記憶を書き換えても、理想とする未来にたどり着くことができないエヴァンが、最後に下した選択はあまりにも哀しく切ない。
最後に「それ」を選択するしかなかった彼の気持ちと、運命の残酷さを印象付けるラストシーンは、何度観ても胸を締めつけられるような余韻と感動を味わってしまう。
(バックに流れるoasisの「Stop Crying Your Heart Out」が泣ける・・・。)

人生なんて「もしも・・・」の連続で、誰しも一度はあの時、別の選択をしていれば・・・という時があると思う。
選択しなかった道の行く末というのは一生分からない。
でも・・・、もし、やり直しができるとして、過去に遡れるとして、その先に希望や幸福はあるのだろうか?
それはきっと都合のいい妄想でしかないんだなと、この映画を観るとそう感じる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。