気ままなたわごと
そのまんまです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
告白

映画『告白』を観てきた。
2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名小説の映画化。
原作を未読の人は、この作品のもっているダークな負の部分に打ちのめされると思う。

とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。

とにかく主演の松たか子の演技力が素晴らしい。
物語全体を通して、感情を殺したように淡々と冷酷なまでに語る彼女が、物語終盤に見せる感情を爆発させ吐露する部分は、悲しみとも苦しみとも虚しさとも取れる。

内容自体は「不快」なものであり、最終的になんの救いも解決も示すことなくバサッと終わる。
この映画を見てどういった感想を持つかは人それぞれだろう。
最後の行動を非難する人も入れば、同情する人もいるだろう。
正直言って、後味の悪さはなんとも言えない。


あと、映像の美しさや劇中に流れる楽曲など演出が素晴らしく、下手すると限りなく暗く重くなりそうな内容を、映画として観ることが可能なくらいにポップで美しく撮った中島哲也監督の手腕は凄いと思った。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。