気ままなたわごと
そのまんまです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Stone Temple Pilots「No.4」
No. 4No. 4
(1999/10/22)
Stone Temple Pilots

商品詳細を見る


一昨年に再結成をして、来月に9年振りのスタジオアルバムを出すStone Temple Pilots。(通称、ストテン)
解散してから各々活動していたけど、結局この4人じゃないと出せない音があるってことに改めて気付いたんだろうなぁ。
大好きなバンドだったので素直に嬉しいし、オフィシャルサイトで先行シングルの「Between The Lines」を聴いたけど、良い感じだったのでアルバムも期待大。

そのストテンが99年に発表した4作目のアルバム「No.4」(そのまんまじゃん。)
個人的にはコレとこの後に出した5作目「Shangri-La Dee Da」も良いんだけど今回はこちらを。
出だしから分厚いサウンドで迫ってくる1曲目は、イントロを聴くだけで「何か始まるぞ感」があってゾクゾクしてくる。
縦ノリ横ノリの気持良いうねりのある演奏に、少し妖しげで陰影のあるボーカルと、重くて激しいだけではないメロディのある多彩な楽曲を聴かせてくれるのがストテンの魅力。
その点でこの作品は充実していて、全体の流れが素晴らしく、聴き応えのある一枚。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。