気ままなたわごと
そのまんまです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソラニン
ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)
(2005/12/05)
浅野 いにお

商品詳細を見る

『ソラニン』  浅野いにお
全2巻

今春、宮崎あおい主演で映画が公開される『ソラニン』。

浅野いにお作品は結構好き嫌いがハッキリ分かれると思う。
甘っちょろいとか、青臭いとか言われるけど、個人的には好き。
この人は青春モラトリアム(っていうの?)を描くのが抜群に上手い。

OLを辞めて無職の芽衣子と夢を諦めきれないバンドマン種田のお話。
フリーター生活というぬるま湯の心地良さ。真剣に何かをする時につきまとう、後戻りできなくなる恐怖。
時間が経つにつれ確実に減ってゆく選択肢。

「いつまで続くのだろう」「どこへ向かうのだろう」という漠然とした不安を抱き、
でも、いつか折り合いをつけなければいけないと感じながらも過ぎていく日々。
守るべきものと夢との間で葛藤する成人以上大人未満な若者の気持ちを痛いくらい繊細に描いてる。
自分がバンドをやっていたのもあるからか、初めて読んだ時は心にズッシリ響いて涙が出そうになった。
こんな時期もあったなぁと思うし、もしかしたらまだ抜け出せてないのかも・・・とも思う。
こういう気持ちっていつかは無くなってしまうものだろうか。
改めて読んでみて、また切なくなってしまった。(苦笑)

1巻と2巻の間に大きな転換があるので、読むなら2巻まとめて読む事をオススメします。
ちなみに「ソラニン」とはジャガイモの芽に含まれる毒のこと。


 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。