気ままなたわごと
そのまんまです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Pearl Jam 「Jeremy」
91年に発表されたPearl Jamのデビューアルバム「Ten」に収録されている、彼らの代表曲の一つ。
初めてこのPVを見た時は、鋭い眼差しで時折狂気をはらんだような不気味な微笑を見せて歌い叫ぶボーカルのエディ・ヴェダーと、歌詞とリンクした内容の少年を描いた映像がとても印象的だったのを憶えている。
このPVをきっかけにPearl Jamというバンドを知り、今では大好きなバンドの一つとなった。
ラスト1分あたりからのシーンは必見。当時の自分にとっては衝撃的な結末だった。
実際に起こった事件をモチーフに書かれた曲なんだけど、問題があって映像は少しだけカットされている。
しかし、それによって少年が最後にした行動は見る側の受け取り方で、どちらとも受け取れる結末になっている。
さて、あなたはどちらだと思いますか?




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。