気ままなたわごと
そのまんまです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Alice in Chains 「Black Gives Way to Blue」
Alice in Chains、14年ぶりのオリジナルアルバム「Black Gives Way to Blue」。

前作の発表以降、ボーカリストのレイン・ステイリーの深刻な麻薬問題によって、ほぼ活動休止状態となってしまい、2002年にはそのレインが亡くなり、自然解散状態となってしまった。
その後、新しいボーカリストを迎えて活動を再開し、遂に発表された復活作。

Black Gives Way to BlueBlack Gives Way to Blue
(2009/09/28)
Alice in Chains

商品詳細を見る


うねりのあるギター、陰のあるメロディとそこにからみつくコーラス、陰鬱な重力に引きずりこまれていくような独特のサウンドは健在。
ボーカリストというバンドにとって最大の看板を失いながらも、魅力を損なわなずに新たな一歩を踏み出した力作に、よくぞ復活したなと素直に喜びたい。
正直言って、ガンズのチャイデモよりも良いかもしれない。(笑)

素晴らしい復活作ではあるが、やはり、だからこそ、レインの声で聴きたかったという気持ちも否めない。新しいボーカリストは決して悪くないし、上手く溶けあっていると思う。でも、あの呪術的な妖しさを持った彼の声と表現力には及ばない。
これから新生アリスがどうなっていくかわからないが、レイン・ステイリーという稀有なボーカリストの存在の大きさを改めて知ることになってしまった気もする。


YouTubeで見つけたMTVアンプラグドライブでの在りし日のレインの姿に涙。


エッセンシャル・アリス・イン・チェインズエッセンシャル・アリス・イン・チェインズ
(2006/09/13)
アリス・イン・チェインズ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。