気ままなたわごと
そのまんまです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真夜中にセッション

この日は一緒にバンドを組んでいたメンバーが参加している、Long Island Iceteaというバンドのイベントに行ってきた。
オールナイト・イベントということで、夜10時頃に白金高輪にあるバーへ。
このバーが1Fはバーで、B1Fがちょっとしたイベント・スペースになっている。(とは言っても、小さな地下室みたいな感じ。)

ライブの他に、DJやライブペインティングなんかもやっていて、かなりアットホームな感じのイベントでした。
ライブが終わった後は、セッション大会に突入し、「ベース弾いても良いですよ。」との一言で、自分も参戦。

いやはや、しかしっ!バンド関係の人が多く、流石はツワモノ揃い・・・。
出てくるドラマーが皆さんハンパじゃない!
最初は「お手合わせ」的な感じで始まり、徐々にノってくると、一発で持っていかれる。(苦笑)
そんなこんなで終電間際で帰るつもりが、夢中になり過ぎて終電逃す始末・・・。
ベース以外では、ジャンベでパーカッションに挑戦したりも。これがまた面白くて、しばらくハマリそうになった。(やっぱり自分はリズム楽器のほうが好きだなぁ。)
とはいえ、楽しくてやりがいのある、充実したセッションをさせてもらった。良い経験。

セッションが終わった後は、シェイクハンドでお互いを称えあい、酒を交えて談笑と。(笑)
そんなの繰り返し、なんだかんだと明け方まで楽しい一時を過ごしました。

いやぁ~、大人数でセッションって楽しいわ~。
スポンサーサイト
ギリギリな感じが・・・
いやはや、二度寝が気持ち良い時期になってきましたね。
今年は朝起きてからの時間にもうちょっと余裕を持てるよう、平日はきっちり早寝早起きするぞ~!と、小さな目標にしていたりします。

とはいえ、実際にいつもより早く寝て、翌朝に早く起きるとなんとなく気持ちがのらない。なんだか変に時間を持て余したりして、おかしな感じ。家を出ようと思っていた時間に出れなかったり、乗るつもりだった電車に乗れなかったり。
で、逆に「明日仕事なのに、こんな時間まで何やってんだかぁ~」と一人ツッコミをボヤキながら、しぶしぶ寝て起きたほうが、調子が良いとは言えないが、悪い感じにはならない。しかも、こっちのほうが思った通りに事は進むし。

変に余裕を持ってしまうほうが、自分にとって良くないのかも。
起きたら即臨戦態勢ってのが、やっぱり良いのかな。
どこかギリギリなペースで進んだほうが、物事が上手く行くし、なんとなく性に合っているような気がする。(あくまで、気がするだけ。)
まぁ、余裕を持つというのも、ギリギリの中で作る余裕のほうが気持ち良いものなのかもね。

B'zの「ギリギリchop」に共感する今日この頃。

♪たまに苦しくて痛いのが 気持ちよかったりなんかしたりして♪

やっぱりMなのか、俺は・・・。
事件です。
PCに入っている画像や音源のデータを整理していたら、凄いことに気付いてしまった。
 
あぁ・・・(←クリックして)

ちゃんと整理して削除しよう・・・。
ベストセレクション2006
正月休みも終わり、仕事始めも軽ーくこなしたところで、2006年度のベストセレクションを発表しま~す。
早いうちにやっとかないと、ダラダラと紹介できないまま1月を終えてしまうかもしれないので・・・。

っつーわけで、ご紹介。まずはベストアルバム(順不同)

bs06_01.jpg
・Pearl Jam / Pearl Jam
U2を除くと今年一番聴いたアルバムじゃないかな。ここ数作ではなかったアグレシッブさ。
良い意味で、普通がかっこいい。パールジャムは裏切らない!

bs06_02.jpg
・tool / 10,000 DAYS
去年一番の衝撃作。重く深く強靭な音で構築された曲群に引きづり込まれる暗黒のループ。
はまったら抜け出せない。こりゃ、まいった。


bs06_03.jpg
・My Morning Jacket / Okonokos
待望のライブ盤。原曲をより芳醇に、かつ躍動的に表現された曲が素晴らしい。
このバンドの良さ、ライブバンドの面目躍如たる作品。


以下、次点

bs06_04.jpg
・Donavon Frankenreiter / Move By Yourself
開放的でオーガニックな雰囲気に溢れた普通に良い作品。
ゆる~いサーフ系の一派だと思ったら大間違いでした。(苦笑)

bs06_06.jpg
・65 Days Of Static / One Time For All Time
バンドのメンバーから教えてもらった作品。
Tool同様、衝撃を受けた。サマソニで見れなかったのが残念・・・。


と、まぁ、ここまで選んでみたが、そういえば国内ものがないなぁ。
今年はCDを買う機会が少なくなったからなぁ。邦楽はほとんどスルーしていたし。
う~ん、敢えて選ぶとするなら・・・


bs06_07.jpg
・宇多田ヒカル / ULTRA BLUE
って、おいっ!(笑) いやいや、待たれよ。実際聴くと驚くよ。
ポップさと実験性のバランスが高い次元で存在してる。独創的でありながら、音楽性が伴ってるってのは凄いと思う。


次にベストライブ
・U2(11/30 さいたまスーパーアリーナ)
これしかないっしょ!夢のような一夜でした。涙で溢れた人生最高のライブ。

といった感じです。
あけまして
どうも、新年あけましておめでとうございます。

12月の更新を丸々ふっ飛ばして、すいません。(苦笑)
忙しかったものでして・・・。

1年の疲れが出たのか、はたまた来年に向けての充電だったのか、去年末から体調崩してしまい、正月までほとんど寝込んでいました。
まぁ、もう回復してきたので大丈夫だと思います。


さて、去年は自分にとって転機の年になったかなぁと思う。
仕事で7月からお店を任されることになり、色々と学ぶことや気苦労(笑)なんかが増えたけど、店長代行になった当初より、店を営業しているっていう自信がちょっぴり出てきた気がする。
それと、自分は思っている以上にマイペースなんだなぁと感じた。(苦笑)
あと、これは仕事の面だけじゃなく、色んな人の助言や協力があって、自分は成り立っているんだなってことを改めて感じる事が多かったかな。

まぁ、そんなことを感じつつも、一番の思い出はU2のライブを見に行ったことだったりするわけだけど。(笑)

最後に・・・一昨年・去年と身近な知り合いが亡くなったので、今年はみんな無事に一年を過ごして欲しいと思います。
また一緒に年を越せたらと願っております。



体調崩していた間は家でずっとこれを読んでいました。
U2自身によるオフィシャル・バイオグラフィ。大型サイズで350ページちかくあります。
クリスマス・プレゼントでもらった。(笑)
U2 BY U2 U2 BY U2
久保田 祐子、U2 他 (2006/11)
シンコーミュージックエンタテイメント

この商品の詳細を見る
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。