気ままなたわごと
そのまんまです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NO DAY BUT TODAY
ええっと・・・


まぁ、誕生日を迎えました。
おかげで18歳になりまして・・・

いや、冗談。(苦笑)
これで、自分もカート・コバーンやジミ・ヘンドリックスと同じ歳になってしまった。

ハタチの頃はね、27っていうのは自分の中でなんとなく節目にしていたんですよ。
上に挙げた人が亡くなった年齢っていうのもあるけど、なんていうかな・・・その歳までになんか記憶に残せるような事をやったるでぇ!という大きな野望(笑)を抱いていたわけです。
いやぁ~、蒼かったのぉ。

結局あの頃とあんまり変わらず、日々奔放に生きて、節目の歳と思っていた歳になってしまった。
まぁ、だからといって、もうダメだぁ~っていうわけじゃなく、いつか振り返った時に、なにかの節目になっていればなぁ~と。

そんな歳にするぞぉーと思いながら、迎えた誕生日です。
がんばるぞー!
Let's Rock Again!
スポンサーサイト
抜歯
はぁぁぁ・・・

歯医者に行って、親知らずを抜きました。
あぁ、凹んだ・・・。

この歳になっても歯医者というのは、どうも苦手です。とにかくダメ。

治療自体は技術の進歩のおかげか、痛くはないんですが、あの雰囲気といい、あの音といい・・・。
もう置いてある治療器具とか見ると、瞬間的にビビっちゃう。
それに、治療台に乗せられて治療されてる状態って、まさにされるがまま!って感じで、どんなことをしているのかを視覚じゃなくて触覚で感じさせられるから、余計に怖い。
なんだか実験台にされてるような気分になる。いっそ催眠術で眠らすか全身麻酔でもしてくれと思う。
治療中はずっと「いつ終わるんだよ~~~」と心の中で叫んでいました。

治療が終わった後は、あまりの精神的疲労とショックの大きさゆえ、のびたくんがドラえもんに泣きつくように、前の仕事場に駆け込み、元同僚さん達に会いに行きました。(歯医者さんは前の仕事場の隣にあるんです。)
ほんと、誰か許してくれるなら、胸元に抱きついて慰めてもらいたかった・・・。(苦笑)

というわけで、いまだにちょっと憂鬱気味です。
そんな管理人に励ましのコメントをお待ちしております。
コメントを書き込んだ方から抽選で1名様に、記念として抜いた歯をプレゼントいたしま~す。
ん?いらねぇってか。





メダルは遠い
【フリースタイルスキー】上村、5位に悔し涙「次の五輪も出たい」 女子モーグル決勝
Yahoo!スポーツ×sportsnaviより

う~ん、5位かぁ。
上村選手は同年代ってこともあって、長野五輪で知ってから同じように歳を重ねてきたし、実は彼女のブログを見たりもしていたので、ちょっとばかし注目していた。
まぁ、それに顔も結構好みなタイプなもんで・・・。←そこかい!って思った人に言いたい。
そんなもんだよっ!(開き直り)

そんなわけで期待&応援していただけに、少し残念な結果ですわ。
最大の武器である3Dエアは見事に決まったものの、やはり弱点であるターンがネックになってしまった。
タイムも他の上位陣に比べると遅かったし・・・。

なにはともあれ、今はお疲れさまでしたと言いたい。
次の五輪(バンクーバーだっけ?)は、もう三十代になってしまうし年齢的には厳しいかも知れない。
だけど、本人にその気があるのなら、是非頑張ってほしいものです。



~言葉の間と間・その八~
自分の中で印象に残っている言葉を載せていきたいと思っています。
簡単に言えば、置き去りにできなかった迷言&珍言集(時には名言かも)ってとこです。

「どっちが良いとは言わない。ただ・・・なんとなく結論が出ているのに迷っているんだったら、後押しをしてあげる。」

今、仕事の方でちょっとした選択を迫られています。
まぁ、話を頂いたこと自体は、きっとありがたいことなんだろうけど、自分としてはやっぱり疑問や不安が先立ってしまうわけで・・・。
そんな事情を聞いた先輩の社員さんが言ってくれた言葉です。
人に相談する時ってのは、なんとなくだけどすでに結論が出ていることがあって、誰かに聞いてもらいたくて、大丈夫だよって言って欲しくて、少しでも迷っている気持ちを和らげてくれる一押しが欲しいっていうのが、あると思います。
最終的に決めるのは、どうあろうと自分の意思。それでもウダウダと悩むのは人間の弱いところ。(苦笑)
そういうことを判って、どちらを選択しようと本人が決めたことなら、理解して後押しをしてくれるってのは、相談する側にとって、とても頼もしくありがたいもんです。
先輩の社員さんが言ってくれた言葉は、一見無責任のようだけど、相談される側のあるべきスタンスってのが表れているような気がします。
逆に無神経に「こっちが良いに決まってるから、やってみろ!」とか言うほうが、無責任だしね。

良い方に出会えて良かったなぁと。まぁ、お互いうっかり屋さんですが。(笑)



大人の余裕、大人な成長
tokyo_jihen.jpg
東京事変 「大人(アダルト)」


いつのまにかギターとキーボードがメンバーチェンジしていた椎名林檎率いる東京事変の2作目。
全体的にジャズ・ロック風なアレンジが効いていて、楽曲のバリエーションの豊かさは、さすがと唸りたくなるほど。
前作のとっ散らかった感じがなくなり、落ち着いた中にも成長と回帰が感じられる。
前作「教育」から、タイトル通り「大人」になった雰囲気が漂う作品。
椎名林檎本人もインタビューで言っていたけど、新メンバーの加入とこのサウンドの変化は、まったく新しいバンドになったというのも頷ける。個人的にはこっちのほうが好きかも。
ベースの亀田さんが作曲をした2曲(「スーパースター」「透明人間」)は、長年パートナーとして彼女を支えているだけあってソロ時代の音楽性が垣間見える曲で、良いスパイスになっている気がする。やはりデビューから聴いている人には、どうしてもあうゆう感じの曲が求められているんだろうかと思ったり。(既発のライブDVD「Dynamite out」には別バージョンが収録されているそうで、今作のアレンジはどうも賛否両論のよう。自分は未聴ですが。)

ちなみにDVDと香り付きのブックレットが付いてくる初回限定版も出ていたんですが、あえて通常版を買いました。
値段を考えてもDVD付いてなくてもいいやと思ったし、それに・・・香水の香りが嫌いだから。(苦笑)
音楽聴くのに匂いなんて関係ないっしょ。

お知らせ
サイドバーにある「MyBlogList」に新しく1件追加しました。

「Bono's Talk!」
U2のボーカルと同じ名前のBonoさんのblog。
映画、洋楽、JAZZがなにより好きとのことで、色んな作品のレビューが載ってます。

 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。