気ままなたわごと
そのまんまです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Incubus@新木場STUDIO COAST
IMG_0167.jpg

Incubusの来日公演に行ってきました。
前回の日本武道館公演から早8年。いやぁ、8年は永かった…。

新木場駅で、半休取って駆け付けたという親友であり心友のみっちぃと合流。
互いに興奮を抑えられないまま、寒風に吹きすさぶ中、会場の新木場STUDIO COASTに到着。

正直言って、この新木場STUDIO COASTは嫌いな会場の一つである。
入口狭いから入場に時間かかるし、入るとロビーは真ん中にあるドリンクカウンターに並ぶ人で混雑しているし、
フロアの入口は上手側しかないから、とにかく人の流れが悪い。
そんなわけで、やっとこさ最初の一杯にありつき、乾杯したらもう開演時間に。

始まる前は、もうお互い若くないしね、後ろでゆっくり見ましょか、なんて話をしていたけど、
メンバー出てきて1曲目が始まったら、前の方へとグングン突進していた。
だって、1曲目が「Privilege」だし!しかも、お次は「Pardon Me」だし!
新作「If Not Now, When? 」からスロー~ミドルテンポの曲に、「Anna Molly」「Circles」「Glass」など過去作から激しい曲も織り交ぜた緩急のついたセットリスト。
Incubusはバラードや静かな曲も激しくノリのある曲も、とにかく心地良いのが好きだ。
新作の方向性が過去の楽曲にも反映されていて、曲の振り幅の中にも演奏に「しなやかさ」を感じた。
終盤の「Nice to Know You」「Drive」では年甲斐もなくはしゃいで叫んで、最後の「Megalomaniac」で興奮は頂点に。
途中からみっちぃを見失っていたが、もはや気にしない。(笑)
アンコールは意外な選曲で終了。
幅広い選曲でやってくれたので、後からあれもこれも聴きたかったと思うのは贅沢な望みかな。
まぁ、それだけ満足できた内容だった。

気持ちいい汗と熱を帯びた体をクールダウンさせながら場所を移して、みっちぃと乾杯。
ライブの感想やバンドの事、下ネタも交えつつ楽しんだ。
彼とはもう永い付き合いになるけど、語らう内容は毎回大して変わらない。(苦笑)
みっちぃと駅で別れて、翌日以降の身体の影響を考えながら帰路につきました。(首痛い・・・)


お疲れさん!
 

If Not Now When?If Not Now When?
(2011/07/15)
Incubus

商品詳細を見る

 

スポンサーサイト
あけまして
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

昨年は3月に震災があって、この先どうなっちゃうんだろう?と思うこともあったけど、
こうして新年を迎えることができた。
未だに大変な想いを抱えながら過ごしている多くの人達がいる中で、
震災前とあまり変わらぬ日々を過ごせている事に改めて感謝をしたい。

バンドで念願の自主企画を行い、思っていたよりも活発にライブができたり、
応援しているFC東京がJ1昇格とJ2優勝を決めて、天皇杯を優勝をしたり、
新しい職場で学ぶべき事や、新しい人との出会いがあったりと、
不謹慎かもしれないが自分個人としては楽しんだ1年だったと思う。

さて、今年はどうなることやら。


SYNCHRONICITYの企画ライブ「We are OOPARTS!! #2」がありました。
夏にやった初企画から半年。早くも第2回がやれるとはね。

1203.jpg


朝起きて天気が心配だったけど、家を出る時は雨がやんでいて一安心。
リハが若干バタついたけど、ちょっと押しでライブはスタート。

1バンド目はパラポネラ、前回見たときとギターのメンバーチェンジがあったけど、それが上手くマッチしていて、かなり良くなっていた。
音のせめぎ合い重なり合いはお見事の一言。新しく加入したギターを含めてメンバー全員が元SYNCHRONICITYという。今更ながら凄いメンバーとやっていたんだなぁと感心してしまった。

2バンド目のCATCHER FLYは、大学時代からの知り合いである双子のご兄弟がやっているバンド。この日の為に群馬から来て頂きました。
5,6年ぶりにライブを見させてもらったけど、相変わらず元気に楽しそうに演奏している姿を見れて良かった。大学時代の学祭を思い出して、懐かし~い気持ちになりました。

3バンド目のJAP SKY HIGHは前回に引き続き出演。いやぁ、イカツイ!ゴツイ!(笑)
ストレートかつゴリゴリな音をマシンガンのように乱射する熱い演奏は脱帽でございました。

4バンド目の四十六ト弐は、あのtoolのカバーバンド。あの音と世界観を表現するというのは半端な事ではないが、このバンドは本当に凄い。というか、凄まじい。
楽曲はもちろんのこと、演奏も半端じゃない。音に引きずりこまれるような感覚、とにかく凄かった。(笑)

5バンド目は我らがSYNCHRONICITYの出番。1曲目に未完成の新曲をブチかますというアグレッシブ(ある意味、投げやり)な感じで始めてみた。
正直言って、演奏は準備不足がたたって厳しい感じではあったかなぁ。終わった後もメンバーと顔を見合わせながら首を傾げてしまったので、皆思ったことは同じだったのだろう。
でも、こうやって観に来てくれた人たちの前で演奏できたのは楽しかったし、感謝の一言でございます。
本当にありがとうございました!

ライブ後の打ち上げは、翌日のフル勤務が頭をよぎりつつも2杯目のビールですっかり忘れてしまうほど楽しんでしまった。
みなさん、お疲れ様でした!
これにてSYNCHRONICITYの年内の活動は終わり。


祝J1昇格&J2優勝
FC東京がJ1昇格とJ2優勝を決めた。
おめでとう~!!!

昨年のJ2降格から1年、長いようで短かったような・・・。
目標だった1年でJ1復帰が決まって良かった。
新参且つ、所謂ゆるサポではあるけど、やっぱり嬉しいもんです。

休みが合えばできる限り試合を観に行こうと思っていたけど、
夏以降はなかなか都合がつかず足を運べなかったのは、ちと残念。
ちなみに観に行った試合は5試合で結果1勝4分け。(微妙過ぎる・・・)
負けはしないが勝ちもしない。4戦続けて引き分けだった時は、観に行かないほうが良いのかもと思ったぐらい。(苦笑)

まぁ、でもホント決まって良かったよ。
週末の今季ホーム最終戦を観に行ってきます。もちろん勝利を期待して。

来月に第2回自主企画ライブをやります。
冬にまたやれたらいいねぇ~なんて話していたら、年内に決まってしまったという。(苦笑)
前回好評だった(らしい)先着50名に和菓子プレゼントもやりたいと思います。
是非、遊びに来てください。

12/3(日) 下北沢MOSAiC
SYNCHRONICITY Presents「We are OOPARTS!! #2」
■出演 SYNCHRONICITY / パラポネラ / JAP SKY HIGH / CATCHER FLY / 四十六ト弐
■OPEN18:00 / START18:00
■ADV. ¥1800


R.E.M. 「Imitation Of Life」
R.E.M.が解散!
“世界で最も重要なロックバンド”と称されたR.E.M.が31年の活動に終止符!

いやぁ、驚いた…。
それほど熱心なファンではないけど、好きなバンドだったし、
特にここ近年の作品が良かっただけに残念の一言。
6年前に武道館で観れたのは本当に良かったなと思う。

その武道館のライブで鮮明に印象に残っていて、
R.E.M.の曲でも個人的に好きな一曲が、この「Imitation Of Life」。
(2001年に発表した「Reveal」の収録曲)

曲も良いんだけど、PVも独特でまた面白い。
実際の撮影時間は15秒程度らしく、それを巻き戻し(逆再生)と再生を何度も繰り返し、その都度ズームインする人を変えているというもの。バンドのメンバーがこっそり居たり、登場人物たちの口がその時点で流れている歌と合っていたりと、かなり緻密に考えられて撮影された凝った作り。
でも、全体の映像になると、どうしても右下のマイケル・スタイプのクネクネダンスに目が行ってしまう。(笑)



 

RevealReveal
(2001/05/14)
R.E.M.

商品詳細を見る
 

【告知】擂り粉木Night vol.4
ライブやります。
総勢9バンド出演という賑やかなイベントになりそう。
場所は六本木、しかも土曜日。
サタデーナイトフィーバーします。(笑)

10/15(土) Club Edge Roppongi
「擂り粉木Night vol.4」
■出演 萬 / THE IMPOTENCHE / 大日本エレゲッツ / 藤代バンド(仮) / SYNCHRONICITY / Funky Funny Fleyer / Flying MEGANE / SEVEN DAYS WEEKEND / Type A
■OPEN15:00 / START15:30
■ADV. ¥1800 / DOOR.¥2000 (+1D)


あと、12月に自主企画を企画中です。こちらはまた追々。

 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。